安全・安心

安全・安心な仕組みづくり

タカキフードサービスパートナーズの商品は、主にグループ会社である「タカキベーカリー」の国内工場で生産されています。
すべての工場でAIB食品安全総合基準を導入し、安全で安心な現場づくりに取り組んでいます。
品質管理手法であるHACCPをベースとした食品安全マネジメントシステムの国際規格ISO22000に取り組んでおりましたが、
食品安全管理を更に強化するためにFSSC22000認証を取得しました。
認定を受けたルールと仕組みをしっかり運用することで、「安全・安心でおいしい商品づくり」に努めています。

FSSC22000認証取得
 2017年11月 広島工場、岡山工場、千代田工場、秦野工場、つくばRSC(つくば工場、デリセンター)

タカキベーカリーの安全・安心への取り組み

写真

トータルなサポート体制で、ご要望に応じてきめ細やかに

新商品・新メニューの商品開発、製造、商品に応じて常温・チルド・冷凍の3温度帯での商品の品質を管理し、
配送中の衛生管理を徹底した物流面から技術指導まで、
パートナー様のニーズに応じた、トータルのサポート体制を構築しています。

サポート体制について

TOPに戻る